サイズをチェック

役所により印鑑証明の規定には違いがあります。印面が8mmから24mmというのがおおよその範囲内です。はんこによって捺印する区画をはみ出しては書面としての見栄えが悪いでしょう。定められた大きさの中でならば、と自由度を設けたのは作り手の要望に応えただけに留まらず偽造防止にも一役買うのです。複雑な文字と大きさの組み合わせです。これによりいくらか複製が手間になるということです。

文字は姓と名の両方を刻みます。認印、訂正印は姓のみが一般的で、実印と銀行印はフルネームが好まれるのも偽造に対する予防、防止措置なのです。その分価格に上乗せすることは目に見えて明らかでしょう。安全を取るか価格を抑えるかはそれぞれの事情で異なります。

一般に、男性は大きめ、女性はそれよりも小さい印面を選ぶ傾向があります。17mm前後が男性で、女性は15mm前後を選ぶ方が多いです。ポールペンが10mmに満たない程度ですから、女性はそれよりも多少大きいくらいの直径を、男性はさらにしっかりとした感触のものが人気です。もちろん大きな文字が見やすいし映えるとも思われます。

これが実印で、銀行印はそれよりも一、二割ほど小さく作ります。同時に同じ材質で製作するので大きさの違いにより区別をつけるためです。そして三文判や訂正印はさらに細く、これらは姓のみが主流ですので大きさはそれに比例しているといえるでしょう。

偽造を防ぐ書体

どうしてはんこが作られるのかというと、当人である者が他者となんらかの約束事を結ぶ証のためです。本人確認のための重要な道具のため、世の中にそれは二つと存在してはならず、当人がそれを保管していなくてはなりません。他人がそっくりなそれを所有して使用すると証の効力は失われます。唯一つの真似のできないものが求められるのです。

事前の防衛策として印鑑証明がありますが、これのほかにも取りうる手段に文字の形があります。印相体という文字が実印では一般的です。篆書体をアレンジしたのがこの印相体です。丸の内側に収まらず文字の全景をあえてはみ出した形にして、簡素な篆書体に比べ判別はしにくいのが好まれる理由でしょう。

その人であることを陰影より求めるわけではないのは、いささか印鑑証明をあてにしすぎるきらいもありますが、印鑑証明の取得は当人以外は不可ですので、保管さえ厳重にしていればたとえ判読が困難なはんこが契約書に押されたとしても相手方は証明書に頼るため問題は生じない、というわけです。当人と分かりつつ偽造を防止する複雑な文字は相容れない、反目するのです。偽造に遭わないためには、披露の機会を留めることに他なく、それが困難であるならば、先ほどの通り印鑑証明と判読を諦めた陰影に頼るしかないのでしょう。